ネパール の ことわざ

By | 2018-01-27T09:15:54+00:00 1月 27th, 2018|ネパール, ネパール語, 世界の文化・歴史, 言語学習|

めはなっとこ ふぁーる みとふんちゃ 努力したあとの実は美味しい ・勤勉は成功の母 ・Diligence is the mother of good fortune. らと まんちぇ えくばりだん そーじょ まんちぇ だすばるだん 廉直な人は一回転がるが愚かなものは10回転がる ・馬耳東風 ・To talk to the wind.(風に向かってしゃべる) ・In at one ear and out at the other.(一方の耳から入って片方から出る) かにむくらい じゅがれ ちぇくだいな 食べる口もヒゲは止められない(髭のように口の周りにあっても、口が食べ物を食べるのをやめさせることは出来ない) ・為せば成る成さねば成らぬ 何事も ・熱心さがあれば全て乗り越えられる なつななじゃね あがん てぇろちゃ 踊ろうといって踊らないなんて ・言い訳する人 意味をつけるひと なじゃね たうんこ ばと きな そどぅね 行かない街の道をなぜ聞くの? ・お節介な人 [...]

ドバイ という言葉が指す正確な土地の意味と場所

By | 2018-01-22T22:26:37+00:00 1月 22nd, 2018|ドバイ, 世界の文化・歴史, 海外旅行者向け情報, 西アジア|

Dubai (/duːˈbaɪ/ doo-BY; Arabic: دبي‎ Dubay, Gulf pronunciation: [dʊˈbɑj]) ドバイと聞くと国名のようなイメージを持ちますがちですが、正確にはアラブ首長国連邦(UAE)のもっとも人口の多い首長国の一つです。 位置としてはペルシャ湾の南部の沿岸に位置しドバイという都市がドバイ首長国の首都です。アラブ首長国連邦(United Arab Emirates)はアブ・ダビ、アジュマン、デュバイ、フジャイラ、ラス・アル・カイマ、シャルジャ及びウンム・アル・カイワイン(Abu Dhabi, Ajman, Dubai, Fujairah, Ras al Khaimah, Sharjah, Umm al Qaiwain)の7つの首長国からなります。 英語で首長国はエミレイトという単語で”emir・ate"と綴りますが、これはアラビアの君主の称号が”エミール:emir”であったためで、その支配のもとにあるのがエミレイト、つまり首長国という事になります。元のアラビア語では إمارات (イマーラート)となります。 アブダビとドバイのみが、この国の連邦最高議会において国家的に重大なな物事の決定を行う際の拒否権を持っている事になります。 ドバイ市は首長国の北部沿岸に位置しておりドバイ・シャルジャ・アジュマーン市街地の中枢ですあり、この都市は2020年に万国博覧会の開催を予定しています。 図1| 広域地図 図2 | ドバイ首長国連連邦 全域 図3 | ドバイ首長国(赤色)      

セイロンという場所 〜スリランカ〜

By | 2018-01-19T00:49:55+00:00 1月 19th, 2018|アジア, スリランカ, スリランカ, 世界の文化・歴史, 海外旅行者向け情報|

セイロンと聞くとまず思いに浮かぶのは紅茶かも知れません。では、インドのダージリン地方にダージリン、アッサム地方にアッサムがあるように、スリランカにセイロンという地域があるのでしょうか。 セイロンの名称の由来は、紀元前5世紀に最初の王朝の初代の王になったとされるウィジャヤが、シンハ(サンスクリット語 simha 。パーリ語はシーハ siha)、つまりライオン(獅子)と人間との間に生まれた親の子供であったことから、子孫をシンハラ、ライオン(獅子)の子孫といい、島の名をシンハ・ディーパ、ライオンの島(法顕の『仏国記』では師子島)と呼んだことに起因しています。インド洋で交易に従事したアラブ人商人は訛ってセレンディープ (Serendip) とし、16世紀に来島したポルトガル人はセイラーン (Ceilão)、そして18世紀にイギリス人がこの島の名をセイロンと呼ぶようになります。 セイロン島は1948年にイギリスの自治領として独立し、その際には国名としてセイロンが用いられました。しかし、その後は多数派民族シンハラ人の国家主義の興隆もあり、他称であり植民地時代の印象を残すセイロンから、1972年にシンハラ人の自称であるスリランカへと変更されています。現在は島自体についてもスリランカの呼称が用いられる場合が多くなって来ました。スリはシンハラ語で、「聖なる」「光輝く」という意味です。一方ランカは、インドにおいて古くからこの地をランカー島と呼んできたことに因んでおり、『ラーマーヤナ』に登場するラークシャサ(羅刹)の王のラーヴァナの根拠地とされるランカー島をも指すと考えられています。

日本語 独特の表現「本音と建前」 〜その1

By | 2018-01-16T01:27:28+00:00 1月 16th, 2018|日本語, 言語学習|

「本音と建前」(ほんねとたてまえ) 「本音と建前」(ほんねとたてまえ)は、生じた何かの物事に対した生じた、ある人の感情と態度との違いを示す言葉です。いわゆる日本人論について語られるときによく用いられる言葉の一つと言えます。 「本音」は、何かしらの事柄に対して、個人や集団に共有される意識に内在する感情や欲求を含む価値観に照らして心に自然と抱かれるもので、これは全く自由な心の働きによって形作られルものです。この言葉の同義語には「本心」が挙げられますが、これには自身に対する偽り(嘘)を含まれることはありません。

ウルムチ地窩堡国際空港(ウルムチちかほうこくさいくうこう)〜その2

By | 2018-01-14T22:55:34+00:00 1月 14th, 2018|アジア, 中国, 海外旅行者向け情報|

この空港の敷地面積は484万平方キロメートルです。新しく増設された滑走路は3,600メートル(11,811フィート)の長さに達します。ボーイング747などの大型旅客機の離着陸も可能となります。11万平方キロメートルのエプロンには30機以上の機体を収納することができます。 1939年 開港する。 1950年 拡張工事を実施する。 1993年11月26日 中国北方航空のマクダネル・ダグラスMD-82が、高圧の電線に接触し、滑走路から2.2km地点に墜落した。乗客乗員102名(うち、乗員10名)中、乗客8名、乗員4名の合計12名が死亡。 1994年 総額19億5300万元をかけて拡張工事が始まる。 1998年 第1期拡張工事が完了する。 1999年 ターミナルビルの拡張工事を開始する。 2002年5月16日 新ターミナルビルの使用を開始する。

ウルムチ地窩堡国際空港(ウルムチちかほうこくさいくうこう)〜その1

By | 2018-01-14T21:01:22+00:00 1月 14th, 2018|アジア, 中国, 海外旅行者向け情報|

Ürümqi Diwopu International Airport (simplified Chinese: 乌鲁木齐地窝堡国际机场; traditional Chinese: 烏魯木齊地窩堡國際機場; pinyin: Wūlǔmùqí Dìwōpù Guójì Jīchǎng, Xiao'erjing: ءُلُمُٿِ دِوَعپُ قُوَعکِ كِچْا IPA: [úlùmûtɕʰǐ tîwɔ́pʰû ku̯ɔ̌tɕî tɕíʈʂʰɑ̀ŋ]; Uyghur: ئۈرۈمچى دىۋوپۇ خەلقئارا ئايروپورتى‎, ULY: Ürümchi Diwopu Xelqara Ayroporti, UYY: Ürümqi Diwopu Həlⱪ’ara Ayroporti, USY: Үрүмчи Хәлқара Айропорти) (IATA: URC, ICAO: ZWWW) は中国北西部のウイグル自治区の首都ウルムチにおいて就航されている空港です。この空港はディオプに位置しておりウルムチ都心部から北に16km(10マイル)に位置するジンシ区に属しています。中国南方航空のハブ空港であり、海南航空の重要な都市の一つです。 この空港では2014年に16,311,140名の乗客によって利用されました。中国で15番目に利用客の多い空港という事になります。 [...]

ネパール の姓名 〜タパさん〜 その4

By | 2018-01-14T20:20:39+00:00 1月 14th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

タパ一家の権力は宮廷内の親族であったタパ・バラドール・アマル・シン・タパによって高められていきます。ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパは伝説の戦士として今もネパールの英雄的な存在です。タパ家は初期英国-インド間の植民地同盟の力を削ぐうえで重要な役割を果たしました。ウジ・サイ・タパ大佐はジトガドで、そしてカジ・ラナジョル・サイ・タパはジャイタクにおいて、さらにサルダル・バクティ・タパはデウタイにおいて、ラナビル・サイ・タパ大佐はマカワンプルガンジ、ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパはマラオンにおいて戦闘司令官としての務めを果たしました。 ビムセンの孫P・M・マタバルシング・タパはジュング・バハドール・ラナによりそのカリスマ性を知られるところとなり、政権に立ち上りました。このようにして、政治的にタパ時代(タパドム:ThaoaDom <-Thapa + Kingdomの造語と思われる)として知られるタパ家による政権の支配の幕が切られました。 昨今のタパという姓名は多くの職業において見ることができます。マンジュシュリ・タパの”忘れられたカトマンズ:デモクラシーの哀歌(2005)”は2006年レトリーユリシーズ賞にノミネートされた英文学家として知られています。ガガン・タパはネパールの内閣において40年間仕えた政治家として有名です、ウッジュワル・タパはビベックシール・ネパリという政治活動団体の代表者で、若き起業家・また活動家として先頭に立っています。  

中国語 の早口言葉

By | 2018-01-14T20:20:53+00:00 1月 14th, 2018|カテゴリーなし, 中国語, 言語学習|

ひとつ、中国語の面白い早口言葉を紹介します。 "mama qiˊ maˇ. maˇ manˋ. mama maˋ maˇ" 妈妈骑马,马慢,妈妈骂马。 「お母さんは馬に乗る。馬が遅くて、お母さんは馬を叱る。」 妈妈 mama は「お母さん」の意味です。骑 qiˊは動詞の 「乗る」。马 maˇ は「馬」 骂 maˋ は動詞の 「叱る」。そして 慢 man` は形容詞の「遅い」です。 さぁ、もう一度声に出して言ってみましょう。:  "mama qiˊ maˇ. maˇ manˋ. mama maˋ maˇ!

ネパール の姓名 〜タパさん〜 その3

By | 2018-01-14T20:21:21+00:00 1月 13th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

Thapa タパ(थापा;) Thapa タパ(थापा;) はチェットリに属するネパール民族に広く見られる姓名です。インド・アーリア言語グループに属するカース群カースト、そして、シナ・チベット言語グループに属するマガル群の人々がこれに属します。タパ・マガルは一般的なマガルに属するのに対し、カシュトリア・タパはタパ・カジに属しています。 カシュトリア・タパ家はラナ政権が始まる前にサハ・ディナスティ家、バスネット家、そしてパンデス家とともに政治改革に乗り出した4つの貴族のうちのひとつです。この王家は1806年から1837年と1843年から1845年にかけて支配しました。タパ一族はネパールの統合において大きな働きをし、マッラ宮廷やビジャェプル宮廷において重要な立場を保ちました。この一家はプリティビ・ナラヤン・サハ王の支配の間に急速に力をつけ、ラナ・バハドール・サハ王の支配の間に有力な派を築きます。ラナ・バハドール・サハ王の暗殺ののち、ビムセン・タパは王族に関係する全ての人物の暗殺を図り、タパ一族をネパールの宮廷における最も有力な立場に押し上げました。

ネパール の姓名 〜タパさん〜

By | 2018-01-14T20:21:21+00:00 1月 13th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

Thapa タパ(थापा;) タパ は中世のカーサ王国において“パイケラ”(戦士)の位にあった人たちです。カドカ、ラナ、ブッダといった他の姓名のパイケラも存在します。カーサ王国の統治は現代の多くの碑文によっても裏付けられています。ヤス・タパ、ダス・タパ、ラジェ・タパ といった人物は英雄を讃えた石柱にも現れています。戦士タパについてある碑文は次のように言及しています。 幸いなるかな。ビマデヴの息子 ヤス・タパがここに石柱を築かん。1256 サカ期 幸いなるかな。ビマデヴの息子 ダーム・カドカがここに石柱を築かん。1256 サカ期 上に挙げた記述からタパとカドカ(カドゥガ)が単にカース族の国家において同じ父祖から産まれた子孫であることもうかがえます。同様の名前は中央ネパールのマガル民族、モンゴロイド、タルタル民族にも受けつがれました。

ネパールのカースト制度について ームルキ・アイン(1854)

By | 2018-01-14T21:16:44+00:00 12月 19th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

ムルキ・アイン(1854) ネパール民法である”ムルキ・アイン”はジュング・バハドール・ラナがヨーロッパ訪問の後に制定し1854年に施行されました。これは伝統的なヒンドゥー律法に基いており、幾世紀にもわたってネパールの社会を体系化するものとなりました。この法には”プラヤース シッタ”(罪を避ける・取り除くこと)や”アサーラ”(異なるカーストやコミュニティにおける慣習法集)が含まれています。 ムルキ・アインに基づくネパールの代表的カースト/民族群の階級構造 カースト区分 カーストと民族集団  ”タガダリ”(聖なる職服を羽織る者)  カース – ブラーマン、タクリ、チェットリ ネワール – ブラーマン と チャットリヤ・シュレスタ テライ – ブラーマン(法典の中ではインドのブラーマン)  ”ナマシンヤ  マトワリ”(不可隷属でアルコールを飲む群)  ネワール – 職服を羽織らないシュレスタ(パンチタリヤ)、バレー(ヴァジュラチャルヤ/シャクヤ)、ウライ(トゥラダール と 他)、ジャプ、 そして他の少数な清い職業的カースト ’グルカ’  ジャナジャティ種族 – グルン、マガル、スヌワール、ライ、 そして リンブー。独自の宗教を持つため、彼らはヒンドゥーではない。  ”マシンヤ  マトワリ”(可隷属でアルコール飲む群)  ボーテ(タマン と シェルパを含む)、タカリ、チェパング、ガルティ、ハク、クマール、 そして  タルー  ”パニ ナ チャルネ ”(清くないが可接触)  ネワールの下級で清くない職業的カースト – バー、マナンダール、ドビ/カパリ、カドギ/カサイ他。 イスラム教徒 と ヨーロッパ人  ”清くなく不可触” カース職業的カースト – カミ、サルキ、ダマイ、バディ [...]

ネパールのカースト制度について ーその4

By | 2018-01-14T21:14:16+00:00 12月 19th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく ネパールマンダラ群/ネワール ネワールの場合、その社会構造は例外的です。インドのバルナ*の4種別を反映するだけでなく、明らかに2種類の個別の宗教群に分けられています。つまり、ヒンドゥーと仏教です。ネワールは内部的に個別の文化を持つ25の職業的なカースト種別に分けられ、個々の集団は共通言語としてのネパール・バーサ*(ネワール語)を母語として用いています。 ネワール(ネパールマンダラ) 人口(5.5%中) 再生族*(1.31%) ブラーマン:ラジョパデャヤ・ブラーマン 0.11% カシュトリア:チャッタリヤ・シュレスタ 0.5% バイシャ:パンチタリヤ・シュレスタ 0.7%  仏教徒(1.0%) バジラチャルヤ/シャクヤ(司祭 と 金細工人) 0.6% ウライ(トゥラダルス)(貿易商 と 職人) 0.4%  その他(清いとみなされる群)(2.7%)  マハラジャンス/ジャプス(耕作人) 2.2%  クマハ/プラジャパティ(陶器師 と 耕作人) -  ランジットカール(染物師) -  タンドゥカール(耕作人) -  マラカール/マリ(花屋) -  ナピット(散髪屋/ネイリスト) -  バラミ(耕作人) -  ナカルミ(鍛冶屋) 0.12%  マナンダール/サヤミ(油絞り師 と 醸造家) 0.22% カランジット(葬儀屋) -  奴隷カースト(以前の不可接触族または、清くないとみなされる群)(0.5%) カドギ、ナエ(肉屋 と [...]

ネパールのカースト制度について ーその3

By | 2018-01-14T21:14:10+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく マデシヒンドゥー群/マデシ カーストに基づくマデシヒンドゥー群の社会構成は複雑です。インドのバルナ*を反映しつつもその中に独特の階層構造を持っています。これら個々の文化文化的集団は4つの個別な言語グループに属しています。すなわち、マイティリ、バジカ、タルー、そしてアワディです。2001年時点でCBS(Columbia Broadcasting System:米)はカーストに基づくマデシ群として43のグループを記録しています。 マデシ 人口(14%中) 再生族*(1.67%) ブラーマン:マイティリ・ブラーマン、ブミハル 0.59% カシュトリア:ラジュプット、ラジュバート 0.32% キャスタ 0.2% バイシャ:バニヤ と ロニアウル 0.56% その他(清いとみなされる群)(8.5%) ヤダバ 4.0%  クシュワハ 1.2%  クルミ 1%  ラジュドブ(耕作人) 1.25%  マーラー(漁師) 0.6%  ケワット(漁師) 0.5%  ハルワイ(菓子売り) 0.2%  ロハール(鍛冶屋) 0.36%  クマール(陶器師) 0.3%  マリ(花屋) 0.1% 奴隷カースト(以前の不可接触族または、清くないとみなされる群)(3.84%) テリ(油屋) 1.35% ドービ(洗濯人) 0.4% ハジャム/タクール(散髪屋) 0.44% スディ 0.4%  チャマル、ハリジャン、ラム(革職人) [...]

ネパールのカースト制度について ーその2

By | 2018-01-14T21:14:07+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく 丘陵パルバティヤヒンドゥー群/カース カーストに基づく丘陵ヒンドゥー、あるいはカース群の社会構成はシンプルです。主に3つの階層制度を反映しており、インドのバルナ*への固執はありません。これらの民族の母語はネパール語です。2001年時点でCBS(Columbia Broadcasting System:米)はカーストに基づく丘陵ヒンドゥー群として9つのグループのみを記録しています。 パルバティヤ/カース・アルヤ 人口(40%中) 再生族*(30.4%) ブラーマン:バフン(プビヤ、クマイ、ジャイシ) 12.2% カシュトリア:タークリ 1.6% チェットリ(以前のカース) 0.88% 帰化族(0.88%) ダシュナミ・サンヤシ と カンパータ・ヨギ 4.8% 奴隷カースト(以前の不可触群)(8.03%) ダマイ(仕立て屋) 1.8% サルキ(靴直し職人) 1.4% バディ(筒職人) 0.01%

ネパールのカースト制度について ーその1

By | 2018-01-14T21:14:03+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

ネパールのカースト制度はこの国における伝統的な階層的社会構造です。このカースト制度は大部分において古典的なチャトゥバルナシュラムの型に倣っています。このバルナ制は4つの階層:(ブラーマン、カシュトリア、バイシャ、スドラ)そして、不可触族に分けられています。 このカースト制度では社会階級をしばしば”ジャート”と呼ばれる数々の階層群に定義し、そして同族結婚を奨励します。この文化は伝統的にはカース/パルバティヤ、マデシ、ネワールの社会の中で流布していました。しかし、18世紀におけるネパールの統合に際してネパールにあった無数の固有民族(アディバシ/ジャナジャティ)が、その身分を明らかにするためカースト階級に組み込まれるかたちとなりました。強制的な全ヒンドゥー社会構成の統合であったにも関わらず、幾らかの民族集団はそのカースト制度の配下に屈する、またはそれを支持することを拒みました。