ネパールのカースト制度について ーその2

By | 2018-01-14T21:14:07+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく 丘陵パルバティヤヒンドゥー群/カース

カーストに基づく丘陵ヒンドゥー、あるいはカース群の社会構成はシンプルです。主に3つの階層制度を反映しており、インドのバルナ*への固執はありません。これらの民族の母語はネパール語です。2001年時点でCBS(Columbia Broadcasting System:米)はカーストに基づく丘陵ヒンドゥー群として9つのグループのみを記録しています。

パルバティヤ/カース・アルヤ 人口(40%中)
再生族*(30.4%) ブラーマン:バフン(プビヤ、クマイ、ジャイシ) 12.2%
カシュトリア:タークリ 1.6%
チェットリ(以前のカース) 0.88%
帰化族(0.88%) ダシュナミ・サンヤシ と カンパータ・ヨギ 4.8%
奴隷カースト(以前の不可触群)(8.03%) ダマイ(仕立て屋) 1.8%
サルキ(靴直し職人) 1.4%
バディ(筒職人) 0.01%

About the Author: