ネパール の姓名 〜タパさん〜

By | 2018-01-14T20:21:21+00:00 1月 13th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

Thapa タパ(थापा;)

タパ は中世のカーサ王国において“パイケラ”(戦士)の位にあった人たちです。カドカ、ラナ、ブッダといった他の姓名のパイケラも存在します。カーサ王国の統治は現代の多くの碑文によっても裏付けられています。ヤス・タパ、ダス・タパ、ラジェ・タパ といった人物は英雄を讃えた石柱にも現れています。戦士タパについてある碑文は次のように言及しています。

幸いなるかな。ビマデヴの息子 ヤス・タパがここに石柱を築かん。1256 サカ期

幸いなるかな。ビマデヴの息子 ダーム・カドカがここに石柱を築かん。1256 サカ期

上に挙げた記述からタパとカドカ(カドゥガ)が単にカース族の国家において同じ父祖から産まれた子孫であることもうかがえます。同様の名前は中央ネパールのマガル民族、モンゴロイド、タルタル民族にも受けつがれました。

About the Author: