ネパール の姓名 〜タパさん〜 その4

By | 2018-01-14T20:20:39+00:00 1月 14th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

タパ一家の権力は宮廷内の親族であったタパ・バラドール・アマル・シン・タパによって高められていきます。ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパは伝説の戦士として今もネパールの英雄的な存在です。タパ家は初期英国-インド間の植民地同盟の力を削ぐうえで重要な役割を果たしました。ウジ・サイ・タパ大佐はジトガドで、そしてカジ・ラナジョル・サイ・タパはジャイタクにおいて、さらにサルダル・バクティ・タパはデウタイにおいて、ラナビル・サイ・タパ大佐はマカワンプルガンジ、ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパはマラオンにおいて戦闘司令官としての務めを果たしました。

ビムセンの孫P・M・マタバルシング・タパはジュング・バハドール・ラナによりそのカリスマ性を知られるところとなり、政権に立ち上りました。このようにして、政治的にタパ時代(タパドム:ThaoaDom <-Thapa + Kingdomの造語と思われる)として知られるタパ家による政権の支配の幕が切られました。

昨今のタパという姓名は多くの職業において見ることができます。マンジュシュリ・タパの”忘れられたカトマンズ:デモクラシーの哀歌(2005)”は2006年レトリーユリシーズ賞にノミネートされた英文学家として知られています。ガガン・タパはネパールの内閣において40年間仕えた政治家として有名です、ウッジュワル・タパはビベックシール・ネパリという政治活動団体の代表者で、若き起業家・また活動家として先頭に立っています。

 

>>> This page is also available in: 英語

About the Author: