「本音と建前」(ほんねとたてまえ)

「本音と建前」(ほんねとたてまえ)は、生じた何かの物事に対した生じた、ある人の感情と態度との違いを示す言葉です。いわゆる日本人論について語られるときによく用いられる言葉の一つと言えます。

「本音」は、何かしらの事柄に対して、個人や集団に共有される意識に内在する感情や欲求を含む価値観に照らして心に自然と抱かれるもので、これは全く自由な心の働きによって形作られルものです。この言葉の同義語には「本心」が挙げられますが、これには自身に対する偽り(嘘)を含まれることはありません。

>>> This page is also available in: 英語