ネパール の姓名 〜タパさん〜 その4

By | 2018-01-14T20:20:39+00:00 1月 14th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

タパ一家の権力は宮廷内の親族であったタパ・バラドール・アマル・シン・タパによって高められていきます。ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパは伝説の戦士として今もネパールの英雄的な存在です。タパ家は初期英国-インド間の植民地同盟の力を削ぐうえで重要な役割を果たしました。ウジ・サイ・タパ大佐はジトガドで、そしてカジ・ラナジョル・サイ・タパはジャイタクにおいて、さらにサルダル・バクティ・タパはデウタイにおいて、ラナビル・サイ・タパ大佐はマカワンプルガンジ、ブラ(年長の)・カジ・アマル・サイ・タパはマラオンにおいて戦闘司令官としての務めを果たしました。 ビムセンの孫P・M・マタバルシング・タパはジュング・バハドール・ラナによりそのカリスマ性を知られるところとなり、政権に立ち上りました。このようにして、政治的にタパ時代(タパドム:ThaoaDom <-Thapa + Kingdomの造語と思われる)として知られるタパ家による政権の支配の幕が切られました。 昨今のタパという姓名は多くの職業において見ることができます。マンジュシュリ・タパの”忘れられたカトマンズ:デモクラシーの哀歌(2005)”は2006年レトリーユリシーズ賞にノミネートされた英文学家として知られています。ガガン・タパはネパールの内閣において40年間仕えた政治家として有名です、ウッジュワル・タパはビベックシール・ネパリという政治活動団体の代表者で、若き起業家・また活動家として先頭に立っています。  

ネパール の姓名 〜タパさん〜 その3

By | 2018-01-14T20:21:21+00:00 1月 13th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

Thapa タパ(थापा;) Thapa タパ(थापा;) はチェットリに属するネパール民族に広く見られる姓名です。インド・アーリア言語グループに属するカース群カースト、そして、シナ・チベット言語グループに属するマガル群の人々がこれに属します。タパ・マガルは一般的なマガルに属するのに対し、カシュトリア・タパはタパ・カジに属しています。 カシュトリア・タパ家はラナ政権が始まる前にサハ・ディナスティ家、バスネット家、そしてパンデス家とともに政治改革に乗り出した4つの貴族のうちのひとつです。この王家は1806年から1837年と1843年から1845年にかけて支配しました。タパ一族はネパールの統合において大きな働きをし、マッラ宮廷やビジャェプル宮廷において重要な立場を保ちました。この一家はプリティビ・ナラヤン・サハ王の支配の間に急速に力をつけ、ラナ・バハドール・サハ王の支配の間に有力な派を築きます。ラナ・バハドール・サハ王の暗殺ののち、ビムセン・タパは王族に関係する全ての人物の暗殺を図り、タパ一族をネパールの宮廷における最も有力な立場に押し上げました。

ネパール の姓名 〜タパさん〜

By | 2018-01-14T20:21:21+00:00 1月 13th, 2018|ネパール, 世界の文化・歴史|

Thapa タパ(थापा;) タパ は中世のカーサ王国において“パイケラ”(戦士)の位にあった人たちです。カドカ、ラナ、ブッダといった他の姓名のパイケラも存在します。カーサ王国の統治は現代の多くの碑文によっても裏付けられています。ヤス・タパ、ダス・タパ、ラジェ・タパ といった人物は英雄を讃えた石柱にも現れています。戦士タパについてある碑文は次のように言及しています。 幸いなるかな。ビマデヴの息子 ヤス・タパがここに石柱を築かん。1256 サカ期 幸いなるかな。ビマデヴの息子 ダーム・カドカがここに石柱を築かん。1256 サカ期 上に挙げた記述からタパとカドカ(カドゥガ)が単にカース族の国家において同じ父祖から産まれた子孫であることもうかがえます。同様の名前は中央ネパールのマガル民族、モンゴロイド、タルタル民族にも受けつがれました。

ネパールのカースト制度について ームルキ・アイン(1854)

By | 2018-01-14T21:16:44+00:00 12月 19th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

ムルキ・アイン(1854) ネパール民法である”ムルキ・アイン”はジュング・バハドール・ラナがヨーロッパ訪問の後に制定し1854年に施行されました。これは伝統的なヒンドゥー律法に基いており、幾世紀にもわたってネパールの社会を体系化するものとなりました。この法には”プラヤース シッタ”(罪を避ける・取り除くこと)や”アサーラ”(異なるカーストやコミュニティにおける慣習法集)が含まれています。 ムルキ・アインに基づくネパールの代表的カースト/民族群の階級構造 カースト区分 カーストと民族集団  ”タガダリ”(聖なる職服を羽織る者)  カース – ブラーマン、タクリ、チェットリ ネワール – ブラーマン と チャットリヤ・シュレスタ テライ – ブラーマン(法典の中ではインドのブラーマン)  ”ナマシンヤ  マトワリ”(不可隷属でアルコールを飲む群)  ネワール – 職服を羽織らないシュレスタ(パンチタリヤ)、バレー(ヴァジュラチャルヤ/シャクヤ)、ウライ(トゥラダール と 他)、ジャプ、 そして他の少数な清い職業的カースト ’グルカ’  ジャナジャティ種族 – グルン、マガル、スヌワール、ライ、 そして リンブー。独自の宗教を持つため、彼らはヒンドゥーではない。  ”マシンヤ  マトワリ”(可隷属でアルコール飲む群)  ボーテ(タマン と シェルパを含む)、タカリ、チェパング、ガルティ、ハク、クマール、 そして  タルー  ”パニ ナ チャルネ ”(清くないが可接触)  ネワールの下級で清くない職業的カースト – バー、マナンダール、ドビ/カパリ、カドギ/カサイ他。 イスラム教徒 と ヨーロッパ人  ”清くなく不可触” カース職業的カースト – カミ、サルキ、ダマイ、バディ [...]

ネパールのカースト制度について ーその4

By | 2018-01-14T21:14:16+00:00 12月 19th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく ネパールマンダラ群/ネワール ネワールの場合、その社会構造は例外的です。インドのバルナ*の4種別を反映するだけでなく、明らかに2種類の個別の宗教群に分けられています。つまり、ヒンドゥーと仏教です。ネワールは内部的に個別の文化を持つ25の職業的なカースト種別に分けられ、個々の集団は共通言語としてのネパール・バーサ*(ネワール語)を母語として用いています。 ネワール(ネパールマンダラ) 人口(5.5%中) 再生族*(1.31%) ブラーマン:ラジョパデャヤ・ブラーマン 0.11% カシュトリア:チャッタリヤ・シュレスタ 0.5% バイシャ:パンチタリヤ・シュレスタ 0.7%  仏教徒(1.0%) バジラチャルヤ/シャクヤ(司祭 と 金細工人) 0.6% ウライ(トゥラダルス)(貿易商 と 職人) 0.4%  その他(清いとみなされる群)(2.7%)  マハラジャンス/ジャプス(耕作人) 2.2%  クマハ/プラジャパティ(陶器師 と 耕作人) -  ランジットカール(染物師) -  タンドゥカール(耕作人) -  マラカール/マリ(花屋) -  ナピット(散髪屋/ネイリスト) -  バラミ(耕作人) -  ナカルミ(鍛冶屋) 0.12%  マナンダール/サヤミ(油絞り師 と 醸造家) 0.22% カランジット(葬儀屋) -  奴隷カースト(以前の不可接触族または、清くないとみなされる群)(0.5%) カドギ、ナエ(肉屋 と [...]

ネパールのカースト制度について ーその3

By | 2018-01-14T21:14:10+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく マデシヒンドゥー群/マデシ カーストに基づくマデシヒンドゥー群の社会構成は複雑です。インドのバルナ*を反映しつつもその中に独特の階層構造を持っています。これら個々の文化文化的集団は4つの個別な言語グループに属しています。すなわち、マイティリ、バジカ、タルー、そしてアワディです。2001年時点でCBS(Columbia Broadcasting System:米)はカーストに基づくマデシ群として43のグループを記録しています。 マデシ 人口(14%中) 再生族*(1.67%) ブラーマン:マイティリ・ブラーマン、ブミハル 0.59% カシュトリア:ラジュプット、ラジュバート 0.32% キャスタ 0.2% バイシャ:バニヤ と ロニアウル 0.56% その他(清いとみなされる群)(8.5%) ヤダバ 4.0%  クシュワハ 1.2%  クルミ 1%  ラジュドブ(耕作人) 1.25%  マーラー(漁師) 0.6%  ケワット(漁師) 0.5%  ハルワイ(菓子売り) 0.2%  ロハール(鍛冶屋) 0.36%  クマール(陶器師) 0.3%  マリ(花屋) 0.1% 奴隷カースト(以前の不可接触族または、清くないとみなされる群)(3.84%) テリ(油屋) 1.35% ドービ(洗濯人) 0.4% ハジャム/タクール(散髪屋) 0.44% スディ 0.4%  チャマル、ハリジャン、ラム(革職人) [...]

ネパールのカースト制度について ーその2

By | 2018-01-14T21:14:07+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

カーストに基づく 丘陵パルバティヤヒンドゥー群/カース カーストに基づく丘陵ヒンドゥー、あるいはカース群の社会構成はシンプルです。主に3つの階層制度を反映しており、インドのバルナ*への固執はありません。これらの民族の母語はネパール語です。2001年時点でCBS(Columbia Broadcasting System:米)はカーストに基づく丘陵ヒンドゥー群として9つのグループのみを記録しています。 パルバティヤ/カース・アルヤ 人口(40%中) 再生族*(30.4%) ブラーマン:バフン(プビヤ、クマイ、ジャイシ) 12.2% カシュトリア:タークリ 1.6% チェットリ(以前のカース) 0.88% 帰化族(0.88%) ダシュナミ・サンヤシ と カンパータ・ヨギ 4.8% 奴隷カースト(以前の不可触群)(8.03%) ダマイ(仕立て屋) 1.8% サルキ(靴直し職人) 1.4% バディ(筒職人) 0.01%

ネパールのカースト制度について ーその1

By | 2018-01-14T21:14:03+00:00 12月 18th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

ネパールのカースト制度はこの国における伝統的な階層的社会構造です。このカースト制度は大部分において古典的なチャトゥバルナシュラムの型に倣っています。このバルナ制は4つの階層:(ブラーマン、カシュトリア、バイシャ、スドラ)そして、不可触族に分けられています。 このカースト制度では社会階級をしばしば”ジャート”と呼ばれる数々の階層群に定義し、そして同族結婚を奨励します。この文化は伝統的にはカース/パルバティヤ、マデシ、ネワールの社会の中で流布していました。しかし、18世紀におけるネパールの統合に際してネパールにあった無数の固有民族(アディバシ/ジャナジャティ)が、その身分を明らかにするためカースト階級に組み込まれるかたちとなりました。強制的な全ヒンドゥー社会構成の統合であったにも関わらず、幾らかの民族集団はそのカースト制度の配下に屈する、またはそれを支持することを拒みました。