ネパールのカースト制度について ームルキ・アイン(1854)

By | 2018-01-14T21:16:44+00:00 12月 19th, 2017|ネパール, 世界の文化・歴史|

ムルキ・アイン(1854) ネパール民法である”ムルキ・アイン”はジュング・バハドール・ラナがヨーロッパ訪問の後に制定し1854年に施行されました。これは伝統的なヒンドゥー律法に基いており、幾世紀にもわたってネパールの社会を体系化するものとなりました。この法には”プラヤース シッタ”(罪を避ける・取り除くこと)や”アサーラ”(異なるカーストやコミュニティにおける慣習法集)が含まれています。 ムルキ・アインに基づくネパールの代表的カースト/民族群の階級構造 カースト区分 カーストと民族集団  ”タガダリ”(聖なる職服を羽織る者)  カース – ブラーマン、タクリ、チェットリ ネワール – ブラーマン と チャットリヤ・シュレスタ テライ – ブラーマン(法典の中ではインドのブラーマン)  ”ナマシンヤ  マトワリ”(不可隷属でアルコールを飲む群)  ネワール – 職服を羽織らないシュレスタ(パンチタリヤ)、バレー(ヴァジュラチャルヤ/シャクヤ)、ウライ(トゥラダール と 他)、ジャプ、 そして他の少数な清い職業的カースト ’グルカ’  ジャナジャティ種族 – グルン、マガル、スヌワール、ライ、 そして リンブー。独自の宗教を持つため、彼らはヒンドゥーではない。  ”マシンヤ  マトワリ”(可隷属でアルコール飲む群)  ボーテ(タマン と シェルパを含む)、タカリ、チェパング、ガルティ、ハク、クマール、 そして  タルー  ”パニ ナ チャルネ ”(清くないが可接触)  ネワールの下級で清くない職業的カースト – バー、マナンダール、ドビ/カパリ、カドギ/カサイ他。 イスラム教徒 と ヨーロッパ人  ”清くなく不可触” カース職業的カースト – カミ、サルキ、ダマイ、バディ [...]